バルセロナ ゴシック地区にひっそり佇む美しいサン・フェリペ・ネリ広場

初夏のサン・フェリペ・ネリ広場 - バルセロナ

 

バルセロナのゴシック地区は、中世の面影を残す、細く入り組んだ道に迷い込むのが楽しい。地図なしに、赴くままに、細い道をさまよっていると、不思議と何か新しい発見があります。

 

バルセロナの旧市街、ゴシック地区を散策する時、まず最初に訪れるのがカテドラルだと思います。カテドラルに向かって右横の路地を進むと、小さな広場があり、その広場の奥隅から伸びるS字の小道を進むと、サン・フェリペ・ネリ広場 Plaça Sant Felip Neri が見えてきます。古い石畳が広がり、中央には可愛らしい小さな噴水もあって、木立から注ぐ木漏れ日が美しい、とても静かな広場です。バルセロナでお勧めの広場の1つ。

四方をサン・フェリペ・ネリ教会や靴博物館、アパートや学校の建物に囲まれ、静かにたたずむ小さな広場には、中央に集まるように大きな木々と噴水があります。初夏には木々から黄色い花びらが散り、石畳一面に絨毯が敷き詰められたようになります。バルセロナの初夏の風物詩、絶景と言えるかも。ホテル・ネリのテラスに座って、そんな景観をゆっくり愉しむ。今を生きる私たちが味わえる至福の時ですね。

でも教会の壁には、スペイン内戦での銃弾の跡が今もくっきり残っていて、歴史を今に伝える広場でもあります。学校に通う子ども達は、この傷跡をどう捉えているのか、考えてしまいます。

 

 

サンフェリペネリ広場へのアクセス

こちらサン・フェリペ・ネリ広場へのアクセスは2つ。

  1. カテドラル横のビスべ通り(Carrer Bisbe)を入ると、すぐある広場 Plaça Garriga i Bachs、その広場の右横から伸びる小道 モンジュイック・デル・ビスべ通り (Carrer Montjuïc del Bisbe) を通って。
  2. サン・セベ通り (Carrer Sant Sever 5) にあるホテル・ネリの角を曲がった サン・フェリペ・ネリ通り Carrer Sant Felip Neri から。

 

広場の横には、ナチュラル石鹸を扱うショップ『Sabater Hermanos Fabrica de Jabones』もあります。アルゼンチン生まれの石鹸工房で、おじいちゃんの代から続くお店だそう。香りごとに違った色の石鹸が綺麗に並べられていて、ウィンドウからもその色とりどりの石鹸が見えて、とても目をひくお店です。ショップは古い印刷工場跡にあって、趣も抜群!!こちらのショップについては次の記事にて…

 

 

error: Content is protected !!